羽島ボーカルアカデミー

レベルに合わせたコース設定

入会金は1万円になります。

コース名 月回数 1レッスン 月謝(税抜)
ボーカリスト50(月2回コース) 2回 50分 15,800円
ボーカリスト50(月3回コース) 3回 50分 22,200円
ボーカリスト50(月4回コース) 4回 50分 27,600円
プロ対応レッスン(1回) 上限なし 60分 回数×10,000円

◎ボーカリスト50

声帯は99%筋肉でできています。ボーカリストが最初にしなければならないことはまず、声帯筋のトレーニングです。しなやかで強い声帯筋がなければ、ミックスボイスをはじめとする、ファルセット、チェストボイス、ヘッドボイス、などたくさんの歌声を自分のものにすることはできませんし、正しい音程、正しいリズムで歌うことはできません。更に、旧式な喉を固めて歌う発声法を続けていると、どんどん声が出にくくなるという状況におちいる可能性が高くなります。喉をしなやかに鍛えるという羽島式オリジナルメソッドを、ぜひ、体験してください。

また、長年にわたり、歌を教えてきた結果として、「好きな歌ばかり歌っていても歌は上手くならない」ということを検証しました。ボイストレーニングと平行し、課題曲を使ってボーカルテクニックを学びます。
ポップスを詳細に分析した課題曲の中で、歌の数々のテクニックを学び、歌を知り、表現の引き出しを増やし、表現の幅を広げることで、オリジナリティあふれる自由な歌を歌えるようになるのです。教える立場がボーカリストの場合、そのボーカリストの歌い方のコピーになってしまいがちですが、レコード会社プロデューサーとボイストレーナー、両方の経験を生かし、歌う人の声質を見極め、個性を伸ばします。
また、レッスンのなかで、歌をレコーディング し、自分の耳で確認していきます。
自分の歌を客観的に聴くことで、自分の歌い方を理解し、より聴く人に伝わる歌をつかんでいきます。

◎プロ対応レッスン

現在、メジャーレコードデビューしているアーティスト、またはしていたアーティストのためのレッスンです。
現在メジャーデビューをしているアーティストのプロとしての現場は、喉にとって過酷な状態を日々要求されます。大きな会場での長時間のライブや最終リミットの切られたレコーディングをこなしていかなくてはなりません。そうした過酷な状況の中で、無理をして喉を痛めることがないよう、持久力、対応力をつけ、音域を広げ、基礎力をアップさせるレッスンを行っています。また、より効率良く発声できる倍音を利用し、マイク乗りのよい声を構築していきます。

また、メジャー経験の長いアーティストは、加齢のため動かなくなった筋肉を動かし、硬くなってしまった筋肉を緩め、歌うために最適な喉の調整を行います。倍音を取れない方には倍音調整も行います。
10代で強い声を出せたボーカリストも、20代になって同じような筋肉の使い方で歌えるとは限りません。むしろ、スポーツ選手がキャリアとともにフォームを変更するようなイメージで、年齢に合った、もっとも効率の良い喉の使い方、メンテナンスを行います。
トレーニングを行えば、年齢に関係なく声域は伸びて行きます。
声帯は99%筋肉でできています。その筋肉をどう使うか、どのように動かして歌っているのかという声帯の基礎知識が学べます。知ることで多くのピンチから脱出できるよう、プロの方をサポートします。